3Dプリンター 精密製造 微細構造 DLP 光造形 3Dプリンター 精密製造 微細構造 DLP 光造形
本文へ移動

新着情報とお知らせ

カリフォルニア大学バークレー校がCOVID-19テストに使用した3Dプリティングモデル 
2021-09-06
注目
Case Study Vol.1を紹介させて頂きます!
マイクロ流路多重化モデルは、研究者が正常な生物学的プロセス、病原体又は薬理学的プロセスを測定・評価するため、タンパク質バイオマーカーや生物学的特性の分析ツールとして、使用されています。微量の液体や流れを扱うマイクロ流路は、臨床診断用のポイント・オブ・ケア(POC)デバイスに広く使用されており、がんやCOVID-19などの複雑な実験手順において、複数のタンパク質バイオマーカーを定量的に測定する多重計測研究をサポートしています。本ケーススタディでは、カリフォルニア大学バークレー校の学生2人が、COVID-19検査用のモデルを3Dプリンターでどのように製作しているかをご紹介します。
続きは、添付資料でご覧願います。


BMF Japan株式会社
〒103-0022
東京都中央区日本橋室町4-4-3
喜助日本橋室町ビル5F Nano Park
TEL.03-6265-1568
FAX.03-3527-9552
TOPへ戻る
3Dプリンター 精密製造 微細構造 DLP 光造形